ドメイン名の決め方

自社名をドメインにするのが当たり前と考えておられる方が多いと思うが、いくつものサイト制作の経験から成功例、失敗例で改めて考えてみた。

  • 社名に固執=失敗:直接的には、固執したことが失敗ではなく、そのドメインの調査が不十分であったことが原因である。以前にそのドメインを使用していたサイトがあり、新しいサイトと異質のため、新しいコンテンツで検索結果が更新されるまで時間がかかったり、管理者不在の古いホームページからの意図していないキーワードリンクを削除できないなど、SEOにマイナスの要因をおおく抱えて、スタートしなければならない。
  • 商品名を付加=成功:URL中の英文の文字は多少効果があるといわれている。社名だけのドメインは、既に、使用されていたため、主力商品名の一般名詞を英単語で付加した。URLを記載してもらえば、自動的にキーワードがついてくる効果がある。

もっと過激な方法は、良いドメインを見つけてから、社名を決めるというものである。しかし、これには、少しリスクがある。CO.JPドメインでは、会社の登記が必要になるので、登記完了前に、別の会社が取得ということもあり得る。

このリスクを低減するには、商品名の付加などで、他社が使用しないようなドメインを選ぶべきである。また、CO.JPドメインにこだわらず、.COMを選択する事も見当すべきである。

既に取得されてしまったドメインも買い取ることができるが、どのような素性であったか、十分な調査が必要である。ハイフンの付加や、商品名の付加でドメイン名はいくらでも考えられる。既にあったドメインより、真新しいドメインを取得した方が検索エンジン対策としても有利である。

最後に日本語ドメインについて。当初は鳴り物入りであったが、現在、良く普及しているとは言い難い。たとえば、価格比較サイトのkakaku.comや、ドメイン名取得のonamae.comなど、ローマ字表記がほとんどである。特にグーグルでは日本語ドメインで上位にあるサイトを見かけないので、英文(ローマ字)で十分と思われる。誰もが名前を知る大企業である場合など、費用対効果を良く考えた検討が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA