ヨーロッパではIEなし

マイクロソフトの新規OS、Windows7には、マイクロソフトのインターネットブラウザ、IEは、搭載されないことになった。(関連記事:EU、欧州版「Windows 7」からIEを削除する措置に賛否の混じった評価マイクロソフト、欧州ではIE8非搭載で「Windows 7」を提供

会社などだけで、PCを使っている場合、ブラウザの選択肢がなかったり、そもそも、他にもインターネット閲覧ソフトがあることを知らない方も多いであろう。マイクロソフトのIE、インターンネットエクスプローラも最初は存在せず、Netscapeと呼ばれるものが主流であった。その後、OS、Windowsとの抱き合わせにより(マイクロソフトは、否定していたが)劇的に、シェアを伸ばした。しかし、そのIEも現在では、FireFoxやグーグルのchromeといった、ブラウザに押され気味である。

特にヨーロッパでは、マイクロソフトの市場支配に敏感で、オフィスソフトもオープンソースのOpenOfficeを使用しているユーザーが多い。また、「IEはWindowsから切り離せない」と主張したマイクロソフトはEUで裁判に負け、多額の賠償金を払っている。ユーザーが選択できないようにしたのは、独占禁止法に違反するというわけである。今回は、マイクロソフトがこの轍を踏まないようにする措置である。

制作側としては、1種類のブラウザはありがたい。チェックが1回で済むからである。しかし、元をただせば、標準の規格を無視して(あるいは、他のブラウザへの乗換を阻止するために意図的に)機能を拡張したマイクロソフトに混乱の原因が有ったとも言える。

やはり、ブラウザの開発競争では、同じ表示規格で、表示速度やセキュリティ面、使いやすさで、競ってもらいたいというのが、制作側の要望である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA