どのCMSを採用すべきか?

いまやどこもかしこもCMSである。

CMSはコンテンツマネージメントシステムの略で、ブログの様に、ホームページを作成するためのアプリケーションがなくても、ブラウザからホームページが作成できるシステムだ。

代表的な物は、ブログのWordpress、ネットショップのEC-CUBE、ホームページ用のJoomla、Drupal等である。

では、一体どれを選べば良いのだろう?

ここでは、制作会社からみた視点で下記のポイントをあげてみる。

  1. テンプレート(デザイン)の扱いやすさ、豊富さ
  2. プラグインなど付加機能の豊富さ扱いやすさ
  3. 改造のしやすさ
  4. SEO

1) のテンプレートでは、Wordpress、Joomla、Drupalは非常に豊富だ。

わざわざデザインするより数千件のデザインから選らび、顧客の要望に合わせて修正した方が経済的だ。また、これらは、PC用、ガラパゴス携帯用、スマートフォン用のひな形を閲覧元に合わせて、自動選別してくれる。ただし、Geeklogは携帯用表示ができるだけで、プログラムの改造か、表示幅に合わせてレイアウトが変わるテンプレート(レスポンシブルデザイン)を採用するしかない。この場合、当然、デザインには制約が生じる。

 

2) の付加機能は、Wordpressが充実している。

その昔、Movable Typeと雌雄を決したこともあり、長年の蓄積がある。宿泊施設などの予約やネット販売のカートシステムなど、探せば必ずあると言えるだろう。ある用途に最適なプラグインを評価するにはそれなりの時間がかかる。開発した方がよいか、探した方がよいかは、その用途の複雑さによるだろう。

 

3) の改造のしやすさでは、EC-CUBEがよく考えられている。

改造で問題になるのは、本体のバージョンアップである。本体プログラムを改造すると、バージョンアップで、その改造をまたやり直さなければならない。セキュリティ関連のバージョンアップは、待ったなしで採用する必要がある。この際、改造対象を見落として、上書きで失ってしまったりする。その点、EC-CUBEは、改造したプログラムを別フォルダーに置いて、そちらを先に、読み込む様に構成してある。すこし前処理時間が長くなるが、さすが、日本の細かい要求を数々こなしてきた、ソフトだけの事はあり、うまい対応策である。

一方、Geeklogは本体改造を「ハック」と称して、改造が手軽に紹介されていたり、改造が前提の追加機能が多いようである。このユーザーグループの思想自体、危険である。機能追加はプラグイン、モジュールなどで本体とは切り離して、追加できるようになっていることが重要である。改造は最後の手段である。

 

4) SEOの観点からホームページとしては、どれも、まだ、不十分と思える。

WordPressはそもそもブログのシステムなので、製品紹介などに向いているとは言いがたい。それらの部分は固定ページの機能を使うことになるので、最適とは言いがたい。

JoomlaやDrupalには構造化の機能があるが、全く自由に行える訳ではない。この点では日本の官製CMS、NetCommonsに分がある。

全体的には内容そのものが、ページ構成のために部分にうもれて、静的ページで作成した方が、検索エンジンとの親和性がよい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA