動画サイト不正投稿特定技術

NHKの「技研公開」でニュースリーリースが続いている。今度は、放送番組の動画共有サイトへの不正投稿を特定できる技術の紹介である。なんと、99.9999%の確率で特定できるそうである。

これは表面上、朗報である。しかし、以前見た報道番組によると、不正投稿には、マイナス面だけでなくプラスの面もあるそうである。日本のアニメがこれだけ世界的になったのは、自分の惚れ込んだアニメをみんなにみてもらいたいというファンの勝手(?)投稿とマニアがつける各国語の字幕だそうだ。簡単に白黒はつけられない。

大切なのは、芸術を社会がどれだけ尊重しているかである。芸術家が暮らせるようになったのは、著作権のおかげだが、商業ベースにのらない優れた芸術家は余計に日の目をみられなくなったのも確かである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA