関連キーワードにも広告

検索エンジンの検索結果には「スポンサー」などとして広告が掲載されるのは、もうおなじみである。今度は、検索時に表示される関連キーワードにも広告がでることになった。記事はこちら:Yahoo!検索結果の関連キーワードを操作できる「スィートクラスSEO」

関連キーワードは、例えばヤフーで「ヤフー」をひくと、検索窓の下に”ヤフーキッズ,ヤフーオークション,ヤフー動画,ヤフーブログで検索”など表示される。その語と関連の高いキーワードを検索エンジンがが自動計算し、補助として表示する。

確かに、広告としてはうまみがあるが、現在のところ、広告かそうでないか区別が付かないようだ。これは、困る。調べ事をしている場合と、製品やサービスを探している時とでは、広告欄の使い方は違う。調べ事の最中に知らずに広告主のサイトに誘引されては、地雷でも踏んだような気分である。検索に対して妥当な結果がえられないと、長い間には、関連キーワードをクリックする割合が減ってしまう。これは、既にいくつもの検索エンジンが衰退したことで証明済みだ。ぜひ、広告とわかる表示をして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA