グーグル新ブラウザChrome

検索エンジンのGoogleがブラウザソフトChromeを供給することを発表した。一般のテレビニュースでも取り上げられるほどの大事件である。ブログは、この話題で持ちきりである。

内容は兎も角、期待の大きさがうかがえる。マイクロソフトのブラウザ、IEに対して、不満を持つ人は多く、FireFoxがシェアを伸ばしている。一方、多くのユーザーは、インターネットを閲覧するソフト、ブラウザに幾つも種類があることすら知らないのではないだろうか?パソコン=Windows=IEの構図は崩れていない。これが大きく変わるとすれば、大企業が性能を理由にブラウザを入れ換える時であろう。そのときは、OS=Windowsという常識も変わっていくだろう。

なかなか一度常識となってしまうと、一般の意識は変わらない。中小企業の製品でも、大企業の製品に対抗して同じものの高性能をねらうのは、得策ではない。大企業が見向きもしない分野、競争相手の少ない分野を攻めるべきであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA