ホームページにコメントが付く

CNETに『グーグル、「Google Toolbar」にウェブページへのコメント機能を追加』という記事が掲載されていた。

「コメントならブログで付けてもらえる」と思われたかも知れない。しかし、この記事を読むと、検索エンジンがかなり、系統的にコメントを解析していることが伺われる。今回の機能は、ブログの様にコメントを付ける機能のないページにもコメントがつけられるというものであるが、その奥には、ページの評価のためにグーグルはコメントの内容も考慮している、あるいは検討中であることが推察できる。

しかし、だからといって、一所懸命コメントをつけるのは、愚の骨頂だろう。また、きっと「好意的なコメントを貴社のページに大量につける自動化プログラム」などが開発され、売り込まれることになる。グーグルの公式ブログに最近掲載された記事「Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解」にもあるように、検索エンジン最適化テクニックと称して公開されている”技”は、だんだん、都市伝説化さえしてきている。

ここで大切な事は、やはり、コンテンツの改善となるだろう。それなりに良いコンテンツにはそれなりに好意的なコメントがつけれら、そのページの評価は上がるだろう。経費が限られているなら、なおのこと、内容の充実に資源を集中すべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA