不況も終わり?

そろそろ明るい話題がほしいところ。CNETにそんな記事が出ていた。(記事:検索クエリから景気回復の「明かりが見えてきた」–Googleピシェット氏) 検索に使われるキーワードや量で、景気回復が見えるというのである。少なくともグーグルにとって不況は終わっているのだろう。

百年に一度の大不況といわれるが、書物やドキュメンタリー番組で知る1930年代よりひどいとはとても思えない。確かに、近所では、飲食店の閉店が多いが、浮浪者がそこら中に居るわけでもない。給料が減っていることより、将来展望が見えないので、出費を抑えているのではないだろうか?そうなると、すぐにこの基調は変わりそうもない。

さて、ピジェット氏は以下の6つの変革を予想している。

  • Everything that was offline is now online
  • Living in the cloud
  • Innovation is cheap
  • Everything localized down to you
  • Search is personal
  • All marketing is digital

もうほとんど実現しているようにも思える。これからは、情報はいつでもアクセスできるところにあるわけである。

また、いままでは、検索トップの企業だけに光が当たってきたが、これからは、検索は個人の趣味によって細分化・特化され、地域限定も復活するだろう。もっと、広い範囲の企業にもチャンスが回りそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA