FireFox3

ブラウザのFireFox(余談だが、FireFoxは、あの風太君のレッサーパンダの別名である。)がユーザーを増やしている。弊社のサイトでも15%ぐらいに達しており、一般的にも17~28%の利用率とされている。MacのSafariで動作しないサイトがFireFoxならうまく機能することも多い。

人気がでてきたのは、なぜだろう。”「Firefox 3」がマイクロソフトにとって脅威となる理由”にはセキュリティ面の充実と動作の軽さ、新バージョンの更新頻度などをあげている。IT ProにもFireFoxの最新バージョン3の速さについていろいろな記事が掲載されている。なんとIE7の7倍も早いという結果もでている。業務で使うことが多いなら、見落とせない差である。

OSもブラウザも選ぶ時代になってきたようである。「業務のみで使用ならマイクロソフトが一番」という根拠はなくなってきた。将来のバージョンアップの経費、作業の効率など全体のコストを考える必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA