パソコンリモート操作サービス

株式会社ドゥーイングがドロップシッピングサービスを展開する株式会社もしものユーザー支援として、『もしも電話相談室~パソコンリモート操作窓口~』をはじめた。

プレスリリースによると、”Web上でアイコンをワンクリックするだけ”でリモート操作許可できるというのである。何も知らないユーザーにはとても助かるサービスである一方、ウィルスなどに搭載さらたら大変である。

グーグルにはオーシャンブリッジ社のISLlightが広告を出している。どうやらVPN(仮想プライベートネットワーク)に似たものを構築するようである。セキュリティ面でも万全のようだ。これを使えば、かなり容易に、遠隔でサポートが可能である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA