ブラウザ開発競争

CNET Japanに「ブラウザ戦争の主戦場はJavaScript」と言う記事がでていた。

内容は、少し専門的だが、要約すると、

ブラウザ開発競争はページ表示をソフトウェアで操作する、JavaScriptという技術に重点がおかれている

JavaScriptは、もともと動きのないホームページの表示を、まるで、パソコンのアプリケーションを操作しているように動作させることができる

動きのあるホームページではFlashが先行している。JavaScriptはブラウザ毎の違いがある、プログラマでないと扱えないなど、制作者側の負担が大きい。

さて、制作者としは、この競争にのるべきか?答えはNOである。理由は、弊社の様な分類では、これらの技術を駆使しても、ユーザーは増えないからである。すでに、ブランドが確立しているサイトやこれらの技術そのものを見せるサイト(ゲームやアプリケーション自体を含む)では、重要であるが、コンテンツが情報を提供するサイトでは不要である。

グーグルのホームページに掲載されているのホームページ作成の指針にも、JavaScriptやフラッシュなどを使用しないシンプルなページを作成することを勧めている。その一方で、 グーグルは自社で開発したブラウザ、Chromeでこの競争に参加しているのは、興味深い。グーグルのMapsや検索以外のインターネットサービスではこれらの技術を使い尽くしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA