Windows 7 性能テスト

もうすぐ発売されるWindows7。ほとんどの人は、様子を見てからか、パソコン買い換え時期になったときに、悩む事柄だろう。あるいは、何も気にせずに、パソコンを買ってしまうこともあるだろう。

しかし、業界やマニアは注目している。弊社のサイトの、アクセスログもやはり、Windows7の興味の高さを示している。

そこで、以前、読んだ性能テストの記事を取り上げようと、ネットを探してみたが、見つからない。代わりに見つかったのは、PCWorldという雑誌の下記の記事である。米国では人気のパソコン情報誌でソフトウェアやハードウェアの評価を行っている。

Speed Test: Windows 7 May Not Be Much Faster Than Vista

英文の記事の要点は大まかに、下記の様である。

  • 今回のテストではWindows Vista Ultimate よりWindows 7 の販売予定版の方が処理速度が優れていたが、その差は僅かであった。
  • FireFoxやOfficeではWindows7の方がわずかだが遅くなることも判明した。
  • テストに使用したのは販売予定版であり、発売までにマイクロソフト社が調整をおこない、正式版では、性能が上がることは大いに期待できる。
  • ハードディスクを頻繁にアクセスするような圧縮ソフトやグラフィックスカードなどを搭載しCADソフトを走らせる場合、Windows 7はその性能をより発揮した。

以前、姉のWindows 7 搭載ノートパソコンを触ったときとは、印象が違う。古い、パソコンにも性能改善のため、OSを切り替えようかとも思ったが、時期尚早である。やはり、製品版が出回り、評価が定まってから、OS入れ替えを検討するのが妥当である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA