グーグル日本語入力-続報-

前回の紹介で、「説明が少ない」とコメントしたのが効いたか、単に反響が大きかったから?(CNET記事:「グーグルでないと作れない日本語入力ツールを作った」–Google日本語入力の狙い

この記事で開発の意図などがよくわかった。グーグル日本語入力のヘルプにも、開発意図や機能について多少書かれている。

CNET記事にもでていたのが、心配なのはジャストシステムである。5年程前までならATOKがもっとも人気のある=優れた日本語入力であった。しかし、WindowsもMacも日本語入力の改善が進み、あえて、ATOKを導入する人が減ってしまった。

いまや、携帯電話やゲーム機、テレビでも日本語入力ができる。処理能力が上がった為に、単純な変換効率では競争ができない。辞書の能力からすると、グーグルは有利である。まさに、グーグルの理念のぺーじにある目標

情報を求めるすべての人々に、ボストンでデスクに向かっているか、ボンの街を車で移動中か、バンコクをぶらぶら歩いている最中かに関係なく、もっと高いレベルのサービスを提供することです。

に準じたサービスかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA