良くある嫌われているサイト

gooランキングが「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」を発表した。リストにある多くの項目は、サイト作成時に付けて欲しいと要望される内容と一致するのは驚きである。お客様の要望であるので、逆効果であることを、説明しても納得してもらえないことが多い。トップ10を抜粋してみた。

1 情報が数ヶ月間更新されていない
2 画像が多くて、重い
3 「準備中」のコンテンツだらけ
4 リンク先がPDFファイル
5 トップページからオールFlash
6 ポップアップがどんどん開く
7 情報が多すぎで探している情報にたどり着けない
8 商品一覧などの一覧ページがない
9 突然音が鳴る
10 問合せ先が明記していない

企業のサイト担当者であっても、ホームページのユーザーであるはずがだが、これは、どういうことであろう。見る側と制作側で求めていることが逆である。例えば、企業サイトでは、「更新はしたくない」「なるべくキレイで大きな画像を沢山載せたい」「内容のない項目は”準備中”でよい」というのが、ほとんどである。

再度、読者のホームページも見直して欲しい。(弊社も含め)制作会社から、このリストにある内容を勧められたら要注意である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA