ネットの地域化

いままで、インターネットと言えば、世界に情報発信ができることが強調されていた。

ディープな、ニッチな趣味でも日本中、世界中でみれば、自分一人でない、仲間が見つかるといった面がクローズアップされていた。この特性のため、近所の住人を相手に商売をしている人々には、あまり、適合しない技術と思われている。しかし、最近では、Googleなどの地図サービスやIP番号による地域特定など、地域に根付く展開が可能になってきている。

CNETには「ネットラジオ、3月15日から試験配信を開始–IPサイマルラジオ協議会が発表」という記事が出ていた。地域限定の技術的な基盤が整ったと言うことであるが、2つのことに驚いた。

  1. 無線ラジオ放送は地域限定でなければいけないこと(放送エリアが決まっている)
  2. インターネットラジオをなぜやらないのだろう

地域限定は無線ラジオで電波の取り合い(周波数の振り分け)があるから、地域限定の必要性が分かるが、インターネットラジオにその配慮は不要に思えてならない。引越したときに、地元の放送がきけなくなったり、東京の放送局が全国ネットを展開している現状で、インターネットラジオの地域限定は、あまり意味のない規制に感じる。海外に住む人には、インターネットでラジオで日本語放送が聴ければ、非常に楽しいだろう。既に、iPodで視聴可能なポッドキャスティングなどは、日本にいなくでもごく一部の番組は聞くことができる。また、インターネットラジオ局自体は世界中に幾つもあり、アナウンサーやDJの介入が少なく、ジャンル別で音楽を楽しむには品質も高く最適である。

地域限定ができるなら、このラジオのように「関東地方」といった大きな区割りでなく、地元の1km以内といった、狭い範囲での利用方法が今後は盛んになってくるだろう。「セカイカメラ」などの拡張現実を利用するれば、店の前で情報が得られるなど、実店舗との融合も、もっと広がるだろう。

「うちはインターネットなど関係ない」と言っていられるのは今だけかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA