スパム対策の進化

グーグルがスパム対策の一つCAPTCHAの新技術をテストしている。(CNET記事:グーグル、ボット対策で新たなCAPTCHA技術をテスト)

CAPTCHAというのは、ブログのコメント投稿や無料メールアカウントの登録などに、人間が操作していることを確認するシステムだ。皆さんも遭遇したことがある、あのゆがみやノイズの混じった文字の画像の事である。その画像中の文字を入力させ、機械による自動登録を防止するシステムだ。

しかし、既に、画像解析ソフトウェアを駆使することにより、文字によるCAPTCHAは破られてしまっている。今回は、写真の上下などの向きを判定するもので、機械には難しいとされている。例えば、普通の水平線の写真を見れば、人間ならどちらが空か海か判定できるが、ソフトウェアでこれを判定するのは大変だ。しかも、写真の種類は、風景の他、顔、花(植物)、乗り物など幾つも考えられる。例えば、風景を判定することができるようになっても、どんどん、別の種類の写真の判定するソフトウェアを開発していかなければならず、今度こそ、究極のスパム対策となるかもしれない。

なぜ、グーグルがスパム対策に力を入れているか?それは、グーグルメールがスパム対策としては優れており、グーグルメールアカウントでスパムを送る必要があるからである。通常のホームページにこのような対策を施すのは、すこしオーバースペックであろう。費用対効果を考える必要がある。

さて、スパム発信業者も生き残りをかけて、技術開発をおこなっている。鍵と錠の歴史にも似ている。矛盾という言葉があるように、最強の盾と矛が同時に存在することは論理的には間違いでも、実世界では良くある状況だ。いつかは、この新技術も破られる時が来るであろうが、そのときは、ソフトウェアの技術が進んだと思えば気も楽である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA