無料のウィルス対策ソフト

マイクロソフトが、以前から話題になっていた無料のウィルス対策ソフトを公開することになった。(ZDNet記事:無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essential」、米国時間9月29日に公開へ

いままでも無料のウィルス対策ソフトはあったが、信頼性や性能で評価があがらず、あまり普及していない。今回は、本家本元マイクロソフトがだすもので、ブランドイメージは非常に高い。しかし、そもそも、ウィルスの多くは、市場で最も普及しているマイクロソフト製品のセキュリティ対策の漏れ、脆弱性をついているものであることを考えると、複雑である。

普及するか? - 初心者やライトユーザーには歓迎されるのだろう。既存メーカーは対抗策を出してくるだろう。しかし、ブランド対決ではかなり厳しい。いままでの既存顧客をはなさない戦略を展開してくるだろう。いずれにしてもユーザーにとってはうれしい。

リスクは? - ウィルスを防ぎきれないリスクは他のメーカーと同じである。OSのように脆弱性がないのか?これも、他のメーカーと同じだろう。

影響は? - Linuxなどもウィルス対策を行っているが、もっと強化されるだろう。しかし、リナックスの弱みは内容が公開されていることである。公開されていては、ウィルス作成側が対抗処置を考えついてしまうからである。

今後は、ウィルス的な挙動をするソフトを封じるという対策へ進んでいくだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA