Google、IE6のサポート終了へ

CNETが”グーグル、「IE 6」のサポートを終了へ“と報じている。

事の発端はマイクロソフトのブラウザ、インターネットエクスプローラのバージョン6(略称IE6)にあった脆弱性をつかれ、グーグルがサイバー攻撃を受けたことにあるようだ。サーポート終了と言っても、検索ができなくなるわけではなく、文書を共有できるGoogle Docsやサイトを作れるGoogle Sitesなどのグーグルが提供するサービスの動作保証をしないというものだ。

IE6など古いブラウザはホームページ制作にとっては、頭痛の種だ。特にIEは、世界標準に準拠しない表示方法を採っていたり、Javascript(表示用プログラム)が違うなど、あまり、凝ったサイトを作成すると、個別に対応・動作試験・表示テストが必要になる。しかも、違うバージョンの同じブラウザを1つのOS上にインストールできないので、最悪、別のPCが必要になる。

この発表で、サイトの保有者にIE6のサポートを保証しない旨を伝えやすくはなったが、景気の悪さもあり、PCの買換が進まない現状では、IE6はしばらく生き延びるであろう。しかし、セキュリティ面では最新を使わないのは危険である。使い勝手が違うという理由やアンチウィルスソフトがあるから大丈夫などと考えてはいけない。ホームページ制作などで表示テストが必要などの特殊な事情がない限り、新しいソフトにバージョンアップして欲しい。これは、自分を守るだけでなく、ネットでつながっているみんなを守ることにもなる。

実は、2年以上前に、「IE7強制移行?」として、IE6はなくなるという記事を書いていた。実際には、マイクロソフトのもくろみもむなしく移行は進んでいない。この強制移行を阻止するには、自分でIE7の自動更新を止める設定を行わなければならない。しかし、まだ、多くIE6が残っているのは、最初からWindowsに設定されている自動更新を行っていない人が非常に多いと言うことである。(ちなみに、このサイトではIE6は22.99%である。)

筆者の両親も一週間に一度はインターネットを使うが、たまに、パソコンを使わせてもらうと自動更新が全くされていないことに気が付く。自動更新をスキップするには、小さな注意書きを読み、自動更新を回避するのだが、老眼には面倒なこの操作を間違えずに行っている。パソコンの操作と注意書きの難しさには驚きをおぼえる。読み飛ばして欲しくて小さく表示しているのに、かえって、利用者には気になる。また、メーカーも自動更新に100%の保証ができず(動かなくなるソフトがないと言い切れない)文章が及び腰になるのも一因だろう。このあたりは、注意書き・警告文の勉強になる。英語を和訳しただけでは、うまくいかないこともある。

PCサポートや友人・知人のパソコンの面倒を見ている人はIE6を見つけたら、できるだけ、バージョンアップしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA