今日はXP販売終了の日

このブログでも何回か取り上げたが(やはりXPは生き残る?)、いよいよ、WindowsXPの正規版販売が今日終了する。

かといって、XPが全く手に入らなくなるわけではない。(参考:ユーザーの選択肢)メーカーのDellなどは、Vistaのダウングレード権という裏技で提供している。このことは、Vistaが普及しない一因ともいわれている。

WIndows3.5からWIndow98や、XPへのバージョンアップの時とは違い、機能的にはもう飽和状態にあり、Windowsでなければ作業ができないということも徐々に減っている世の中では、次のWIndows OS、Vistaへの移行は数ある選択肢の一つとなってしまった。もはや、どの選択が正しいかを議論することは、意味が無く、それぞれの状況に合わせて、最適な答えを出すことが必要だ。

その意味では、XPを使い続けるのも正解で、Vistaに乗り換えるのも正解である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA