ミニノートPCにDell参戦

ついに、世界第2位のPCメーカー、DELLが超小型ノートPCに参入してきた。

ASUSのEee PCが出てから1年になる。既にHPやエイサーも参入している。BCNランキングによれば、8月のトップはエイサーの「Inspire One」である。Dellのそれ、「Dell Inspiron Mini 9」はどちらかというと、Eee PCと同じ分類で、軽くて小型で安いが、ハードディスクがなく、Officeなどのソフトを動かすものではないと言うスタンスである。と言うのも、普通のノートPCも販売するDELLとしては区別をつけて、ノートPCの販売は落としたくないというのが本音だろう。

しかし、性能ではInspire Oneは120Gのハードディスクを搭載しており、画面サイズ以外は、少し前のノートPCと遜色がない。価格は、パナソニックなどの日本の代表的軽量PCモデルが20万円することを考えると、1/4程度である。販売数が伸びるのも納得である。今後、競争が激しくなれば、軽量ノートPCとミニノートPC、モバイル端末の境界はますます、判らなくなるだろう。また、買いのタイミングが判らなくなりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA