WindowsXP終了まであと8ヶ月

WindowsXPのサポート終了まであと8ヶ月となった。2014年4月でマイクロソフトのサポートが終了する。

しかし、Windows98, 2000などの時と同様、あまり、真剣に捉えていない方が多い。先日も、客先訪問で、XP搭載PCが何台も稼働中で驚いた。直前の乗換は、需給もひっ迫し、足下を見られかねない。また、ファイルの移動は最近のディスク要容量増大で、思わぬ時間がかかることもある。早めに別OSへの乗換を完了しておくのが懸命である。

まず、XPを使い続けることの危険性を十分理解してほしい。以前とは違い、殆どのPCはネットに接続されている。サポートが終了したPCでは、ウィルス対策ソフトも更新されなくなり、無防備となる。このPCが踏み台となれば、ネット上の不特定多数が攻撃されることになる。車検が切れている自動車を企業が使用したりしないのは当然だが、その車が制御できなる欠陥がある状態で利用するのも同然である。

最新のOSは、Windows8ですが、評判が芳しくない。使い方が大きく変わり、オフィスの生産性は落ちることになるでしょう。そこで、おすすめなのが、Windows7です。XPに似たユーザーインターフェイスで周辺機器がそのまま使用で切る可能性が8よりは高いといえます。さらに、2−3年前にOSダウングレードでPCを購入している場合は、Windows7で十分間に合う場合があり、OSの乗せ替えだけで、出費も少なくて済む可能性があります。

他にも、Windows8では動作しないアプリケーションや社内システムもあります。この場合は、代替アプリケーションを探したり、システムの更新まで必要になるかもしれません。

夏休みの宿題のように、9月なってからでは、間に合いません。十分余裕をもって、対応しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA