マウスの選び方

量販店にいくと、山ほどマウスの種類がある。これでは、選択に迷ってしまう。これについては、「選択の科学」でじっくり読んでもらうとして、著者の実体験による、選択方法をあげてみる。

有線か無線か?

ケーブルは結構邪魔だが、無線は電池切れや、レシーバー(USBにさす突起が1cmもない小さなデバイス)が壊れることがあることを頭に置いておく必要がある。出張や旅行先に持って行くマウスは有線が安全である。

最近はケーブル収納式のものがあり、長さも調整できるので、これがお勧めでだ。電池がない分、軽いも携行には向いている。

また、複数のOSでは、通常1台の無線マウスを使い回すことができない。(マルチペアリング対応マウスが必要)MacでBootCampをつかったり、他のPCでは、無線マウスは使えないと思っていた方が安全。やはり、出張、旅行時は有線が確実だ。

メカ式と光学式

今やほとんど、光学式しか売っていないが、ガラスなどの反射する表面にも対応するものとそうでないものがあるので注意が必要。もっとも、基本は、マウスパッド等を利用した方が、机の表面のよごれや手あかが気にならない。

問題はホイールである。スクロール時など、マウスを動かさずに、画面を移動できるホイールだが、こちらは機械式の物が多く、メカ式と同じトラブルを引き起こす。埃による、目詰まりで、ホイールだけ動作しなくなる。メインの方式が光学式だと、掃除をしない前提で製造されており、中を開けて分解掃除することもできない。ホイールも光学式のものを選ぶか、密閉が良さそうな物を選ぶ必要がある。

大きさ

手になじむかは、個人の主観の問題であるが、大きさには別の側面もある。

当然のことながら、安い物は、各部品が安い。製作精度が粗いので、その許容誤差分だけ、隙間が多い。結局、全体的にも大きくなる。ほこりも入りやすく、メカ式のセンサーを使用している場合は、要注意だ。比較的サイズが大きいものは、価格のやや高い、一流メーカー品を購入した方が、故障しにくい。

サイズの小さい物は、製造誤差は小さくせざる得ない。同じ値段なら、製造コストはサイズの小さい方が高いと推定できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA