Doodle 4 Google

グーグルがアメリカの子ども達を対象に、ロゴのデザインコンテストを行った。

なんで?と思うが、子どものころから慣れさせる、恐怖心を取り除くのは重要な市場開拓手法だ。応募は16,000点というが、応募した子、その回りの子は、大人になっても、グーグル・エバンゲリストになるにちがいない。「三つ子の魂、百まで」というわけである。

昭和世代は、アメリカの戦略にまんまとはまり、パンと肉好きである。鯨は、失敗というか、予想外。 マイクロソフトやアップルもアカデミーディスカウントをやっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA