電気スポーツカー

ELIICAが先を越されてしまった。Tesla Motorsが電気スポーツカー「Tesla Roadster」の商用生産を開始した。

両者の考え方は同じである。電気自動車を普及させるには、まず高額な車種から始める。それには、スポーツカーやスーパーカーなど高性能車の類である。ELIICAに欠けているとおもったのは、その姿である。 ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンといった、かっこよさがない。ピニンファリーナの元チーフ、奥山清行氏か童夢にデザインを頼んで欲しかった。

確かに、ELIICAは実用的さえあるが、最初の普及は高性能車という考え方からはずれている。Movieスターやヨーロッパ、アラブの大富豪が買いそうなデザインに見えない。日本で売る前に、海外で売ることを考えた方がよいかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA