電子メールの未来

CNETに「電子メールに未来はない」と言う記事が載っていた。

アメリカの若者達は、電子メールに古いイメージをもっていて、スパムに悩まされるもの、学校や銀行など、電子メールしか通信手段が選択できないときに使うものと考えているようだ。また、既に、電子メールをやめて、ソーシャルネットワークのメッセージグサービスなどをよく利用していると言うことだ。

イメージが古いかどうかは、さておき、スパム、迷惑メールの問題は解決の必要がある。この問題は、郵便のダイレクトメールに発端があると思うが、電子メールではほとんど費用がかからないので、状況を更に悪化させている。しかし、ふと、携帯のメールを考えると、将来はそれほど、暗いとは思えない。携帯メールの初期には頻繁にあった迷惑メールは今はほとんどない。これは、携帯各社がいたちごっこともいえる対策を地道に進めてきた、成果だ。

もっと、簡単に考えると、書留のようなシステムが必要になると言うことである。今は、誰からもらった電子メールなのか、通常の場合、全く保証がない。性善説に基づいたシステムである。今後は、電子メールは認証されたものだけになり、受信者も認証メールだけを受け取けとるようになるのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA