JASRACは営利企業?

新聞にも出ていた「公正取引委員会、JASRACに立ち入り検査」のニュース。恥ずかしながら、社団法人のような非営利企業にも独禁法が適用されると認知していなかった筆者には驚きです。それなら、なぜ今まで独禁法にひっかからなかったか不思議です。

例の包括利用契約(放送局は自由に楽曲がつかえる)で、実際の権利者にはどうやって利用料を分配していたのでしょう?自由に使えるのであれば、いちいち、どの曲をかけたか、管理していないはず? 実際、日本のすべてのテレビ、ラジオ放送をチェックできませんから、検証もできないでしょう。

こうして改めて考えてみると、著作権の課金は難しい。本は版権があるのに、ブログはない。ややこしや〜、ややこしや! これを機会に、作り手も使い手も著作権について、もっと、考えて欲しいものです。

もっとも、切実なのは、あるサイトにプログラムを作成すると、その運営企業がプログラムをコピーして自由に使ってしまうことです。それ、違法ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA