古いXPマシンにWindows 7

マイクロソフトの新OS、Windows 7は古いPCに導入しても、性能を発揮するという記事をあちこちで見かける。発売前では、本当にそうなるのかは、発売予定の評価版でしか確認できないので、発売後の、記事に期待するしかない。

OSのアップグレードには、性能アップの他に、もう一つの問題がある。アップグレード作業そのものである。OSをアップグレードする場合、必要なファイルを保存して最初からインストールするのか、ソフトの支援を受けてアップグレードするかになる。(余談:この辺りはMacOSに利があると筆者は感じている。余計なリサーチや作業を考えなくても、提供されたCDやDVDから起動することでアップグレードが完了する。)

ZDNetに実際にアップグレード作業をおこなったレポートが掲載されていた。(ZDNet記事:古いXPマシンをWindows 7にアップグレードしてみる)アメリカでの記事であるが、下記の観点で詳細に書かれていて、参考になる。

  • どのくらい古いPCならアップグレードできるか?アップグレードすべきか?
  • どのようなアップグレード手法を採るべきか?
  • アップグレード支援ソフトPCmoverの利点は?

OSのインストールでアップグレードを行う場合、Officeなどのアプリケーションソフトやプリンターなどのドライバのインストールを別に行わなければならず、大変時間がかかる。WindowsXPになってからは、それでも、相当、手間がかからなくなったとはいえ、1台に2〜3時間がかかってしまう。OSアップグレードを検討されている方には、この記事はお勧めです。

Windows 7 性能テスト

もうすぐ発売されるWindows7。ほとんどの人は、様子を見てからか、パソコン買い換え時期になったときに、悩む事柄だろう。あるいは、何も気にせずに、パソコンを買ってしまうこともあるだろう。

しかし、業界やマニアは注目している。弊社のサイトの、アクセスログもやはり、Windows7の興味の高さを示している。

そこで、以前、読んだ性能テストの記事を取り上げようと、ネットを探してみたが、見つからない。代わりに見つかったのは、PCWorldという雑誌の下記の記事である。米国では人気のパソコン情報誌でソフトウェアやハードウェアの評価を行っている。

Speed Test: Windows 7 May Not Be Much Faster Than Vista

英文の記事の要点は大まかに、下記の様である。

  • 今回のテストではWindows Vista Ultimate よりWindows 7 の販売予定版の方が処理速度が優れていたが、その差は僅かであった。
  • FireFoxやOfficeではWindows7の方がわずかだが遅くなることも判明した。
  • テストに使用したのは販売予定版であり、発売までにマイクロソフト社が調整をおこない、正式版では、性能が上がることは大いに期待できる。
  • ハードディスクを頻繁にアクセスするような圧縮ソフトやグラフィックスカードなどを搭載しCADソフトを走らせる場合、Windows 7はその性能をより発揮した。

以前、姉のWindows 7 搭載ノートパソコンを触ったときとは、印象が違う。古い、パソコンにも性能改善のため、OSを切り替えようかとも思ったが、時期尚早である。やはり、製品版が出回り、評価が定まってから、OS入れ替えを検討するのが妥当である。

パーマリンクの功罪

このブログでも採用しているWordPressというオープンソースのブログシステムには、パーマリンクと呼ばれる、設定がある。これは、標準では投稿番号だけでページのURLが指定されるのに対して、カテゴリやタイトルなどで、URLを付けてくれる。例えば、投稿番号123の記事は、

http://www.example.com/?p=123

と投稿番号で指定される。これを

http://www.example.com/this-category/this-post/

などとカテゴリとタイトルで指定するものである。来訪者が何頁も見た場合、履歴からもう一度見たいページを探し出すのに、便利である。もちろん、日本語で使用する場合、スラッグといわれる、英文で別名を付けないと、長い日本語での表記となる。

一方、ワードプレスの公式オンラインマニュアルのパーマリンクの使い方によると、

パフォーマンスの観点から、パーマリンク構造がカテゴリ名、タグ名、著者名、投稿タイトルフィールドから始まるのは好ましくない….パーマリンク構造は、投稿年あるいは投稿 ID のような数字フィールドから始まるようにするのがベストでしょう。

とあります。WordPressのデータベースをチェックしてみると、確かに、スラッグを使用する時点で、データベースをチェックして、正しい投稿番号を引き出さなければならないことが、分かります。しかし、データベースに負荷がかるとはいえ、自社サーバーで数千件程度なら大きな負担とはならないでしょう。

では、カテゴリとタイトルにすることで、SEO的な効果はあるのでしょうか?

“パーマリンクの功罪” の続きを読む

ワードが販売禁止?

マイクロソフトのワープロソフト、ワードが販売差し止めを命じられている。(ZDNet記事:マイクロソフト、「Word」販売差し止め命令の取り消しを求めて上訴

なんと、マイクロソフトがワードで使用している機能で、カナダの会社の特許を侵害している疑いが生じ、販売差し止めを求められているのである。特許はXMLという特殊な文書形態に関するもので、我々にはなじみが少ない。しかし、XMLは文書をデータとして取り扱うのに非常に便利な取り決めで、コンピュータ同士の発注や電子組版などに利用されている。身近なところでは、飛行機やホテルの予約にも利用されている。

当然、マイクロソフトは差し止め命令の取消を訴えている。ヨーロッパではブラウザのIEでも排除命令をうけ、オープンシステムのオフィスソフト、OpenOfficeに支持があつまり、分が悪い。我々のような小さな会社が知らずに特許侵害してしまうことはあっても、マイクロソフト社の様な会社が調べていなかったら、だれも特許を尊重しなくなってしまう。

以前、画像ファイルの形式GIFで、その作成に関する方式で特許権を主張した会社があらわれ、GIF画像そのものが使用できなくなるのではという騒動に発展した。結局、ライセンスを支払っている作成ソフトで処理されたGIF画像は問題無いことになったが、心配した企業のなかには、ホームページでのGIF画像を使用しない所まであった。

アメリカの特許は最初に考えついた時が問題になり、論争の種になるが、基本的には著作権などとおなじで、作者の権利を守るものだ。記事のコピーや画像の無断使用なども同類である。ホームページの制作でも十分な注意が必要だ。

ソフトウェアの安全性

CNETに”「IE」に対する最新攻撃の原因、たった1つのタイプミス”という記事が掲載されていた。記事の内容は専門的であるが、要点は

なぜ、マイクロソフトのような大企業がミスを見逃したか?

と言うことにつきると思う。ソフトウェアの開発者でなくても、タイプミスは良く経験する事である。プログラム開発では、明かなタイプミスは、プログラムの検査プログラムが、指摘してくれる。問題は、「A」をキーボードのとなりの「S」と打ち間違えるようなミスではなく、意味がおかしくなるタイプミスである。プログラム開発以外では、読者の方も漢字変換でよく経験する事と思う。面白い例は漢検の変漢ミスコンテストにいろいろ掲載されている。コンピュータが判断できない良い例である。意味がおかしくても、日本語としては間違いが無く、いまのところコンピュータには判断できない。

したがって、間違い探しは、人海戦術となる。今回も、たまたま、研究者がみつけている。また、記事の中に書かれているように、今回のような間違いは開発体制が大規模でも発見できない。大規模なプログラムになれば、なるほど、複雑になるほど間違いの残る確率は多くなる。特にオープンソフトウェアや開発ツール、フレームワークなどでは、他者が開発したものを使用するが、まったくリスクが無い訳ではない。「小企業だから危険である」と「大企業は安全」はあまり意味がない。

結局、常にセキュリティ情報に目を通していることも大切だが、シンプルな処理を心がけることも大切である。その為には、要求を良く理解して、もっとも、簡素な処理を提案できることが必要である。

貴社の開発パートナーはいかがですか?あるいは、貴社の要求は微細すぎませんか?

フレームワークは効率的?

ITアーキテクトの視点(日経SYSTEMS 2009年5月号)にもあるとおり、フレームワークで開発コストが下がるのは、ケースバイケースである。

フレームワークというのは、直訳すれば「枠組み」で、簡単に説明するといつも行われる紋切り型の処理をひとまとめにしたものである。プログラムでいえば、サブルーチンや関数の集まりともいえる。例えば、ブログのシステムを考えると、データベースのアクセス、投稿の表示、投稿記入、コメント記入などひとかたまりの機能が用意されていれば、簡単にブログを開発することができる。MicrosoftでもVisualStudioなどで開発しているとデータベースのリスト表示など、フレームワークの恩恵にあずかることは多い。

しかし、どんな機能にも対応できる、完全に汎用なフレームワーク存在しない。全て調整できるというのは、すでに、型にはめた処理ではないのである。型に集約したことによって、簡素化したメリットが失われてしまう。その結果、各フレームワークによって、得意な処理と不得意な処理がある。日経SYSTEMSの例では、不幸なことに、まったく、対応できず、途中で採用をあきらめたということであるが、弊社でも同様に感じる。

そこでフレームワーク採用時の注意点をまとめてみた

  • 画面表示に細かい指示がある開発 – Smartyなどで必ず回避できるなどと安易に考えず、十分な注意が必要
  • ワークフロー(動作の流れ)が非常に複雑な指示がある場合 – フローの部分をプログラム化することは当然だが、思わぬ所に制限がある可能性もある。
  • 向いているのはアイデアを早く試してみるとき – 細かい指定が不要。開発期間は短く押さえられ、実証テストがすぐ始められる。

端的にはそのフレームワークの使用例が多いアプリケーションや紹介サイトでのチュートリアルで使用されているアプリケーションが最も向いていると言うことになる。

 

IE 8 配布始まる

いくつものメディアで報じられているが、マイクロソフトの新しいブラウザ、インターネット閲覧ソフトの最新版が配布される。

今度は、IE 7と違い、強制インストールではない。また、前回と同様、更新ブロックツールも配布されている。

8の配布が始まっても制作会社などですら、いまだに、IE5や4を主に使っている所もあり驚きである。PCの買い換えで入れ換えが生じていない会社や一般家庭では、古いブラウザが、まだまだ、使われている。シェアの一番大きいパソコンOS、Windows XPのユーザーにとっては、IE 7の画面(ユーザーインターフェイス)は、IE6のXP向けと大きく変わり、面食らったユーザーが多かったのではないだろうか。弊社のユーザーでも、マイナス評価の人が多い。これに懲りていて、IE8へ移行する人はさらに減るのではないだろうか。

本格的には、Windows7の普及、つまり、新PCへの買い換えが済んだときが本格的なIE8への移行時期になるだろう。

ブラウザ開発競争

CNET Japanに「ブラウザ戦争の主戦場はJavaScript」と言う記事がでていた。

内容は、少し専門的だが、要約すると、

ブラウザ開発競争はページ表示をソフトウェアで操作する、JavaScriptという技術に重点がおかれている

JavaScriptは、もともと動きのないホームページの表示を、まるで、パソコンのアプリケーションを操作しているように動作させることができる

動きのあるホームページではFlashが先行している。JavaScriptはブラウザ毎の違いがある、プログラマでないと扱えないなど、制作者側の負担が大きい。

さて、制作者としは、この競争にのるべきか? “ブラウザ開発競争” の続きを読む

銀行もMySQL

MySQLといえば、オープンソースのデータベースシステムである。一方、銀行のシステムと言えば、大型計算機が相場で、両者が相いれる場所などないというのが、大方の見方だ。ところが、なんと新生銀行はMySQLで基幹システムを構築したのである。

MySQL ユーザコンファレンス 2008の基調講演で、新生銀行がオープンシステムを採用した経緯を紹介した。まったく、驚きである。いくら、外資が経営してるとはいえ、ドラスティックである。詳細はMySQL.comで公開されるということだが、MySQLでシステムを組んでいる1ソフトハウスとしては、元気づけられる。

ただ、その中で気になるのは、ポリシーとしてあげた中に「自社開発をしない」が有ることである。これは、ユーザーとしては当然のことである。しかい、開発側としては、チャンスが狭まる。日本でカスタム開発が多いのは、やはり、ガラパゴスであると思うが、それだけ、思い入れが多いのだと思う。細かい内容がオープンシステムに取り込まれれば、やはり、多くの人は便利だと思うに違いない。カスタムで対応せず、オープンシステムに参加していくのが、日本のソフト開発の生き残る道かもしれない。

Google Chrome

グーグルが新しいウェブブラウザを9月に発表した。日本でも、テレビのニュースで取り上げるほどの大きな扱いであったが、9月末時点でのシェアは余り伸びていない。(Google Chromeの利用率が早くも下降曲線)また、脆弱性なども報告され、どうやら、大方の利用者は傍観しているようだ。

大企業にとって、 「ブラウザを変更する」と言う選択肢はあまりないだろう。たしかに、FireFoxの高速表示や安全対策は魅力だが、全PCのブラウザを変更するとなると大変な作業量だ。使用しているアプリケーションが動作するかのテストも必要である。したがって、新ブラウザの使用者は小企業や個人が中心となるだろう。

Web制作社として厄介なのは、また、テストを行う対象が増えることである。幸い、マイクロソフトと違い、規格には準拠しているので、変更はほとんどなさそうであるが、テストを自体を回避するわけにもいかない。こちらも、シェアが伸びるまで傍観となりそうである。