ドメイン名の決め方

自社名をドメインにするのが当たり前と考えておられる方が多いと思うが、いくつものサイト制作の経験から成功例、失敗例で改めて考えてみた。

  • 社名に固執=失敗:直接的には、固執したことが失敗ではなく、そのドメインの調査が不十分であったことが原因である。以前にそのドメインを使用していたサイトがあり、新しいサイトと異質のため、新しいコンテンツで検索結果が更新されるまで時間がかかったり、管理者不在の古いホームページからの意図していないキーワードリンクを削除できないなど、SEOにマイナスの要因をおおく抱えて、スタートしなければならない。
  • 商品名を付加=成功:URL中の英文の文字は多少効果があるといわれている。社名だけのドメインは、既に、使用されていたため、主力商品名の一般名詞を英単語で付加した。URLを記載してもらえば、自動的にキーワードがついてくる効果がある。

もっと過激な方法は、良いドメインを見つけてから、社名を決めるというものである。しかし、これには、少しリスクがある。CO.JPドメインでは、会社の登記が必要になるので、登記完了前に、別の会社が取得ということもあり得る。

このリスクを低減するには、商品名の付加などで、他社が使用しないようなドメインを選ぶべきである。また、CO.JPドメインにこだわらず、.COMを選択する事も見当すべきである。

既に取得されてしまったドメインも買い取ることができるが、どのような素性であったか、十分な調査が必要である。ハイフンの付加や、商品名の付加でドメイン名はいくらでも考えられる。既にあったドメインより、真新しいドメインを取得した方が検索エンジン対策としても有利である。

最後に日本語ドメインについて。当初は鳴り物入りであったが、現在、良く普及しているとは言い難い。たとえば、価格比較サイトのkakaku.comや、ドメイン名取得のonamae.comなど、ローマ字表記がほとんどである。特にグーグルでは日本語ドメインで上位にあるサイトを見かけないので、英文(ローマ字)で十分と思われる。誰もが名前を知る大企業である場合など、費用対効果を良く考えた検討が必要である。

間違ったSEO

先日、検索エンジン最適化の某ブログを読んだが、少しビックリした。テクニックのなかに、既に数年前に、間違いとなった内容があったのだ。このブログには、テクニックが10以上、解説付きで掲載されていたが、そのなかには、以下のように正論に基づいたものもある。

  • リンクをしてもらうためのメール文例
  • ディレクトリ検索エンジンに登録する
  • リスティング広告を出稿する
  • ブログにコメントする

 問題は、「リンクを買う」手法が紹介されていたことである。これは、1社が開設した数百のサイトに、料金を支払い、自サイトを一度にリンク付で掲載してもらう事である。ヤフーのディレクトリ掲載もお金を要求しているではないかと思われるかも知れないが、ヤフーは掲載料を課金しているのではない。掲載のための審査費用、人件費を営利目的の組織には負担してもらおうという考え方である。

では、リンクを買うのが、なぜいけないのか? “間違ったSEO” の続きを読む

ブラウザ開発競争

CNET Japanに「ブラウザ戦争の主戦場はJavaScript」と言う記事がでていた。

内容は、少し専門的だが、要約すると、

ブラウザ開発競争はページ表示をソフトウェアで操作する、JavaScriptという技術に重点がおかれている

JavaScriptは、もともと動きのないホームページの表示を、まるで、パソコンのアプリケーションを操作しているように動作させることができる

動きのあるホームページではFlashが先行している。JavaScriptはブラウザ毎の違いがある、プログラマでないと扱えないなど、制作者側の負担が大きい。

さて、制作者としは、この競争にのるべきか? “ブラウザ開発競争” の続きを読む

グーグルの改良

Google、検索結果ページで“セマンティックな”2点の改良」と言う記事がITmedia Newsに載っていた。

2点とは、要約すると

  1. 「他のキーワード」として表示されていたキーワードがもっと拡張された
  2. 要約文の表示がながくなった

である。

これらの変化がホームページ作成にどのように関連するか考えてみる。

1については、コンピュータがやることなので、限界があると思うが、自社サイトがグーグルにどのように理解されているか、解釈されているか、表示される関連キーワードで知ることができる。自分が目指したキーワードで検索をかけ、表示される関連キーワードが、ユーザーがよく使うと判断できる。もし、そのような記事がなければ、追加することで、ユーザーを増やすことも可能であろう。

2は、descriptionsメタタグやページの要約が重要になることを意味している。ページの内容を十分紹介できる、これらの情報は重要である。ページのデザインの関係で、要約文のスペースを作ることができない場合でも、メタタグは拡張可能である。ぜひ、全面的に見直して欲しい。

検索エンジン対策はいつおこなう?

答えは、最初 です。

数百ページにもなってしまったホームページに、対策を施すのは容易ではありません。と言うのも、検索エンジンの順位を決めるのは、こちら側だけの要因では、ないからです。当然、検索エンジンのデータベースに登録された、既存データが問題になります。一度、登録されたデータはなかなか消えません。それは、そのページをリンクしているページの存在があるからです。さららに、そのページをリンクしているページと連鎖が続いています。削除リクエストという方法もありますが、弊社が経験した例では、6ヶ月以上も検索エンジンからデータが消えませんでした。

コンテンツ自体は生かせますので、この際、ページ同士のつながりも見直して、再構築されることをお勧めします。シンプルな構造は検索エンジンの解析も素直に通り、より良い結果とつながります。

キーワードの選び方

サイトの企画時点では、キーワードとして、自社ブランド名をあげる方が多い。確かに、間違いではないが、ルイビトンやレクサスなど世界的ブランドはともかく、これから、市場に出ようとする場合、ネットで知名度を上げようとする場合、自社ブランド名や製品名は適切でない。

理由は簡単、そのキーワードで検索される可能性がないからである。インターネットの黎明期には、知っているサイトからリンクをたどって、別のサイトを尋ねることがあったが、現在では、ある目的をもって、キーワードを使い、検索をおこない、サイトを訪問するのが、ほとんどである。使われるキーワードがページ内で使用されていなければ、来訪者が来る可能性は実質ゼロである。

では、どうするか?

“キーワードの選び方” の続きを読む

検索エンジンへの登録はいつ?

ホームページを制作して必ず行わなければならないのが、検索エンジンへの登録です。登録しなくても掲載されたという場合は、誰かが行ってくれていたり、リンク掲載を依頼して、間接的に登録されているだけです。少なくとも登録されていることを確認する必要があります。検索窓に”site:[ホームページサーバー名]”を入力してみてください。サーバー名はトップページのURLの”http://”とドメイン名以降の文字を省いたものです。このサイトならwww.nobe.co.jpです。これで、検索して何も出てこなければ、登録されていません。

さて、では、いつ行うのが良いのでしょう。
“検索エンジンへの登録はいつ?” の続きを読む

サイトマップXML

ホームページ管理者の方はご存じと思いますが、2大検索エンジンのグーグルやヤフーは来訪者が見るサイトマップの他に、検索エンジン用のサイトマップも受け付けています。

サイトマップとは、そのホームページの地図、つまり、索引です。来訪者が、目的のページを見つけられなくなったときに、探す補助をするものです。ホームページのページ数が少ない場合は、全頁のリンクを載せることができますので、検索エンジンも全てのページを間違いなく見つけることができます。

しかし、ホームページが大きくなると、サイトマップに全頁のリンクを掲載することは、かえって、探しにくくしてしまい、結局、カテゴリだけの掲載やサイト内検索の窓だけを設置することになり、検索エンジンへ全頁のリンクを知らせることができなくなってしまいます。

ホームページのリンクがきちんと構成されていれば、検索エンジンは全てのページを網羅してくれるはずですが、サイトマップがあれば確実です。そこで、サイトマップXMLとよばれる、全頁のリンクを受け付けるようになりました。検索エンジン側もサイトを全部巡回することなく新しいページを確認でき、サイト運営者も早く掲載してもらえるメリットがあり、両者両得です。

サイトマップXMLは、決まった書式で作成する必要がありますが、ブログなどではプラグインで自動生成も可能です。ご使用中のブログで確認してみて下さい。弊社サイトでも、自動サイトマップXML作成プログラムを搭載していますので、お問い合せください。

サイトマップの送信は、グーグルのウェブマスターツールヤフーのサイトエクスプローラをご覧下さい。どちらも、登録と検索エンジンにサイトを認知させる作業が必要です。わからない方は、ノーブまでお問い合せください。

グーグルまた1位

グーグルが7月の米国検索市場においてまた首位をとった。(記事;グーグル、7月米国検索市場で首位

ヤフー、マイクロソフトがそれぞれ10%ほど、縮小しているのにグーグルは16%の延びで、60.2%の占有率である。ここで、一番伸びたのは、AT&T Worldnet Searchで、どうやらiPhoneがらみ、モバイル端末がらみである。

日本は携帯が独占で、状況が違うと考えていたが、どうやら、アメリカも携帯からの検索が増えていくのであろうか?

そうではない、日本の場合、携帯の検索は本当の検索ではなく、当初のヤフーがそうであった、ディレクトリに近いものである。また、アメリカでは、携帯専用サイトという考え方が希薄であるので、やはり、日本だけ特殊と言うことになる。やはり、これからもサイト制作ではグーグル、PCサイトを主に考えれば良いようである。

新しい検索

アットマーク・アイティに「ネット検索は第3世代に進化するか」と言う記事が出ていた。

次世代の検索エンジンと目されているのは、Powersetである。簡単に説明すると、グーグルなど現在の検索エンジンは、情報が掲載されているホームページを示すのに対して、Powersetは、クイズの答えを出してくれるように、検索そのものに回答するというシステムである。

これが、究極の検索となると、SEOなどは吹っ飛んでしまう。いまでも、Wikipediaや情報量の多い大企業のサイトは検索結果の上位に現れるが、ますます優位になる。中小のサイトは、本当に質の高い、他のサイトにはないコンテンツを載せないと、見向きもしてもらえなくなる。

まあ、これが本来のホームページのあるべき姿かも知れない。