TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

ホームページを変えるとインターネットも更新が必要?

ドメインを取得して開設するホームページは、インターネット回線(プロバイダ)契約とは別です。

ホームページをサーバーを変えたいが、インターネット回線やメールアドレスが変わるので、困ると思っていたら、ご安心下さい。

ホームページに関する契約をまとめると

 

  • ドメイン管理
    EXAMPLE.co.jpとか[貴社名].comといったインターネットの中で貴社だけが使える名前を確保します。電話ならさしずめ、電話番号にあたります。
  • ホスティング
    実際にホームページのデータが保存される場所です。常にインターネット回線に接続され、先ほどのドメイン名で世界中からアクセスされるサーバー(コンピュータの一種)です。通常、メールも同じサーバーで処理されます。また、サーバーに接続されるインターネット回線はホスティングを提供する会社が用意してくれます。電話なら電話機と電話回線となります。

では、オフィスのADSL回線やプロバイダ契約とはなんでしょう?

 

これは、オフィスのパソコンで、他社や自社のホームページをみたり、メールを取り込んだりする為のものです。ホスティングしたサーバーでキーボードをたたいて、メールを見たりすることは、実際は可能ですが、サーバーは、オフィスとは別の所にあり、メールを見るのにいちいちサーバーまで行っていては、不便です。

そこで、インターネット回線を通して、メールを確認したり、ホームページを見たりするわけです。

従って、オフィスを移転して、プロバイダが変わっても、ホームページは別の場所で、今までと変わりなく稼働しています。

※インターネット黎明期にはプロバイダー契約とホームページが一緒になっているものもありました。また、個人でプロバイダ契約すると、今でも、ホームページの場所を貸し出してくれるサービスもあります。