TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

検索エンジンスパム

検索エンジンスパムとは過度に検索エンジンに特化した対策をとることで、検索エンジンによっては、掲載を排除されたり、順位を落として表示するなどのペナルティを課す場合もある。

いろいろなスパムがあるが、問題となるのは、知らずにスパムを使ってしまう場合である。スパムの認定は、検索エンジン側が一方的に行うので、どの手法が黒か分からない。よく使ってしまうのは、デザイン上の理由で、テキストリンクを隠すため白に文字を指定する場合である(クローク)。

基本的に、検索エンジンの為だけに行われた設定はスパムと認定される可能性がある。詳細は、グーグルのウェブマスターのためのガイドラインを参照して欲しい。

前述は内部要因で、うっかり、スパムになってしまう場合であるが、確信犯的に検索結果の上位表示をねらうため、多数の意味のないコンテンツのサイトからリンクを張ってもらうなどの対策がある。これは、既に、ペナルティの対象で無駄な投資となる。

 

検索エンジンスパムはどうして、ペナルティを課せられるほど排除されるのだろうか?

それは、以下のような理由による。

検索順位をつり上げようとするのが検索エンジンスパムである。内容に優れたサイトより、スパムによって引き上げられたサイトが先に検索結果に表示されれば、検索エンジンの信頼性がおちる。また、これらの手法が広まれば、検索エンジンはスパムの効果を落とすために、意図的に結果の更新を見送るなどの対策をとることにる。新しく作ったサイトがなかなか検索エンジンに掲載されなければ、検索エンジンの有用性も半減する。

 

すでに、検索エンジン側では、これらの行為を見抜くソフトウェアが組み込まれている。しかし、検索エンジンの貴重な資源(ハードディスク、メモリ、CPUパワー)をこんな事に使ってほしくないものである。