TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

オープンソフトは無料ですか?

オープンソフトウェアは、開発者が、利用者の利便性を考え、無償で公開しているものです。

確かに、個人などで利用する場合、無料で行うことができます。

 

しかし、無償で公開している為、詳しい説明やサポートは行ってくれません。設置などにも、十分な知識が必要です。開発者は無給で提供しているため、サポートまで無償で行ってはくれません。

 

会社など利用する場合、プログラム本体が無料でも、思わぬ経費がかかることがあり、いくつか注意が必要です。

 

  1. 導入のできる、十分な知識を持った人員が必要。いなければ、サポート会社に依頼することになる。
  2. 導入を担当する自社の社員の時間は無料ではない
  3. 自社で導入や設定に失敗しても、自社で解決する必要がある。
  4. プログラムは著作物です。改造、配布や再販売はライセンスを遵守して利用しなければならない。
  5. 必ずしも品質が担保されているわけではない。セキュリティ対策などは、別途自社で確認する必要がある。
  6. 改造を行う場合、別途開発費がかかる。既存分の解読が必要で、思ったより、費用がかかることがある。

サポート会社の選択にも注意が必要です。ただ、設置に慣れているだけでは、不十分です。

例えば、ホームページの問い合わせといった簡単なものでも、株式公開しているような大企業でも、迷惑メール発信に利用されてしまう様なシステムがあります。IPAなどに、セキュリティ情報が掲載されることもありますが、好評されていない、セキュリティホールも存在します。やはり、プログラム開発が行えるレベルのサポート会社に依頼するのが安全でしょう。