TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

ソフトのアップデートは必要?

最近ではほとんどのPCはインターネットに常時接続されています。使用していると良く現れるのが、ソフトウェアの更新を促すメッセージです。何かよくわからないと放っておいてはいけません。

更新、アップデートは脆弱性が発見されて、それを修正するものが多いので、放置すると、コンピュータウィルスなどに感染したり、マルウェアでPCを乗っ取られてしまいます。

残念ながら、更新によって、動作しなくなるソフトウェアがあるのも事実ですが、それらはゲームやオマケのソフトで、業務で使用するものでは、対策がされています。会社の業務で使用しているコンピュータなら、更新を行わないでPCが使用できなくるリスクは避けるべきでしょう。マルウェアの感染で社内LANに接続しているPC全てに影響がでたりすれば、駆除だけで数日業務が止まるかも知れません。最悪、PCの買換や再設定となれば、費用と影響は膨大です。

 

WindowsOSでは設定さえしておけば、自動的に、マイクロソフト社と通信を行い、最新のソフトに更新をしてくれます。MacOSでも同様です。

 

ここで、気をつけなければいけないのは、この更新を偽装する、詐欺メールです。OS、ブラウザの更新は、メールで通知されることはありません。もし、購入したソフトの更新通知であっても、メール上のリンクをクリックしたりせず、メーカーのホームページから更新を確認するようにするのが安全です。