TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

アクセス数をあげたい

アクセス数を上げるには

来訪者を増やす為に何の対応もしていなければ、アクセス数が増えないのは当たり前ですが、いろいろ調べ、対策をとっているのに一向に数値が上がらないとあきらめている方も多いと思います。しかし、もともと即効性のある対策はありません。長いサイクルで、計画をたてて、実行し、結果を評価して、改善策をたてることの繰り返しが肝心です。

新規来訪者を増やしアクセス数を上げるには、まず、告知=宣伝広告を行わなければなりません。存在していることが知られていないホームページには誰もやってきません。

新規来訪者を増やす

新しくお店を出したら何をしますか?実店舗では、お店を開いたこと自体が宣伝になりますが、ホームページでは開設しても、全く人目に触れません。ホームページにも広報、広告活動が必要です。

来訪経路を増やす

ホームページは、開設しただけでは、直接URL(ホームページアドレス)を打ち込んだ人以外に、訪れてもらえません。かといって、未だにURLの告知をTVコマーシャルで流していますが、これでは、本末転倒です。

直接URLを打ち込まずに、来訪者がサイトを訪れる手段は、リンクです。その人が、よく訪れるサイトに、自社サイトのリンクがあれば、それをクリックしてもらうことで、サイトに誘引できます。とにかく、すでに誰かが訪れているサイトに自社サイトをリンクしてもらう必要があります。

ホームページを告知するには、主要検索エンジンに自社サイトを登録するのが一番近道です。主要といっても、それほど大変な作業ではありません。

リンクの登録

リンクを検索エンジンに登録すると言っても、現在では、ヤフーとグーグルだけを考えれば、ほぼ、85〜90%をカバーできます。MSN(ping)は、この2つに登録されていれば、そのうち、登録されます。

ホームページを告知するために主要検索エンジンにサイトを登録しても、検索されなければ、登録していないと同じです。

サイトのSEO、検索エンジン対策

検索エンジンにサイトが登録されても、それだけで、来訪者が増えるわけではありません。
ここで、問題になるのが、検索順位です。検索順位は、あるキーワードで検索をかけた時にサイト表示される順番です。なぜ、この順位が問題になるかというと、例えば、検索順位100位にたどり着くまでに、一般的な検索サイトでは10ページを見てもらわなければ、そのサイトにたどり着きません。普通の来訪者は1〜2ページしか、検索結果を見ませんので、100位では、掲載されていないのと同じ事です。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、検索結果上位に表示されるには、数ヶ月の時間が必要です。即効力のあるのは検索エンジンに広告を出すことです。

サイトのPPC広告

良いサイトをつくっても、検索エンジンに良い結果として表れるまで、数ヶ月がかかります。これでは、貴重な時間の無駄遣いです。

企業ホームページにブログをつけることは意味があるのでしょうか?答えは、Yes & Noです。

サイトに設けたブログ

企業のホームページには、芸能人が開設しているようなブログは必要ありません。芸能人化した有名社長なら別ですが、普通の企業の社長の日記など誰も興味を持たないでしょう。

では、開設しても意味が無いのでしょうか?それは、違います。うまく使えば、便利な機能です。
では、まず、ブログの機能を考えてみましょう。