TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

わかりやすいホームページとは

失敗しているホームページでは、「わかりやすさ」が欠けているいることが多くあります。何のホームページか、分からないのです。

 

印刷物のカタログや会社案内と違い、ホームページはじっくり読んでもらえることを期待できません。必要な情報がすぐに見つからなければ、閲覧者は別のホームページを見に行ってしまいます。

ホームページを見てもらえる時間は3秒ほどと言われています。来訪者は、その間に、そのホームページに探している情報が掲載されているか判断します。必要ないと思えば、すぐ別のホームページを見に行ってしまいます。それは、印刷物と違い、手間をかけずに、いくらでもホームページを見て回れるからです。

内容のわかりにくさの影響として下記があげられます

  • 当然、問い合わせする人が減ります
  • 検索エンジンも、そのホームページの内容の解析ができなくなります
  • そのホームページを良いと思う人は減り、リンクもしてもらえません
  • 貴社のサイトは検索しても上位に表示されなくなります

結局、さらにアクセスは減り、ますます、検索結果の最初に表示されなくなる負の連鎖ができてしまいます。

 

では、内容がわかりやすいホームページとは何でしょう?

  • 見出し
    3秒でわかってもらうためには、見出しが必要です。そのページを簡潔に表す要約した表題が必要です。
  • 明解な記事・表現
    見出しで目を止めてもらっても、だらだらと長い文章では、理解を得られません。図や表を混ぜ、情報が掲載されていることを確信してもらいましょう。
  • 詳細な内容
    詳細な内容は、同じページにある必要はありませんが、最後に、十分な情報を提供する必要があります。内容がなければ、2度とそのサイトにはアクセスしてもらえません。
  • 貴社の一押し
    不思議なことにないことが多いモノの一つです。なるべく多くの商品を掲載したいのは、信条です。しかし、一番売り出したいものは、一番目立つように掲載すべきです。
  • 重み付け
    上記に気をつければ、自然に、実現するのですが、選択と集中が必要です。重要なものには、大きく目立つように表示する必要があります。全てを強調したのでは、相対的には強弱がなくなり、意味がありません。

検索エンジンは西洋文化圏の人が開発したものです。全ての記事の内容は、西洋的な記述がされているのが前提です。論文や新聞記事を念頭にいれて、文章を考えると良いでしょう。