TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

ウェブサーバーの保守

ホスティングサーバーなどでは、管理会社に保守を任せることができますが、レンタルサーバーや自社運営のサーバーでは、保守作業が不可欠です。特にWindowsサーバーでは、セキュリティアップデートをしっかり行わないと、攻撃者が多いので危険です。

データベースサーバーを利用する場合、最低限のメンテナンスが必要です。プログラムの仕様によっては、データのバックアップなども必要な場合があります。

 

サーバーの保守

  • データベースサーバーの保守
    データベースを利用してデータの表示を行う場合、性能を維持する為に、データの書き換え回数に応じて、ディスク上のデータを最適化する作業が必要です。また、利用者データなどを保存する場合、バックアップを行い、パソコンなどに取り込んでおく必要もあります。

  • バックアップ
    プログラムで会員データを保存する場合、その部分も含めて、バックアップが必要です。制作から定期更新までを弊社だけが担当している場合は、コンテンツ自体が全て弊社にありますので、この部分のバックアップは不要です。数社が連携して更新作業にあたる場合は、担当をきめて、バックアップをする事が大切です。

  • アップデート
    レンタルサーバーや自前のサーバーを設置した場合は、セキュリティ情報などを確認し、サーバーの基本ソフトウェアを更新する必要があります。ホスティングなどのサービスでは管理会社がこの様な作業を月額費用でまかなってくれます。

  • サーバー管理
    単独のサーバーを設置した場合、ホームページで提供するサービスの内容によっては、24時間体制で管理者を置く必要があります。自社で管理者を雇うのは費用がかかりすぎますので、自社サーバーも、データセンターなどへ預けて管理を任せるのがほとんどです。
    ホスティングでは運営会社が管理してくれます。