TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

ナビゲーション

ページ間の移動は、リンクで行われますが、一箇所にまとめて目次の役目を持たせたのがナビゲーションです。統一したナビゲーションを設けることで、来訪者が別のページを閲覧しやすくなります。

 

ウェブサイトのナビゲーション(ページ移動)は、以前は、フレームを使用したものが主流でしたが、現在は、1ページ内にメニュと内容を一緒に表示するものがほとんどです。これは、ページのURLを教える際に、フレームでは的確なページを指示できないことが原因です。また、メニュの置き方も、わかりやすいものへと淘汰され、ほとんど、下の3方式に大別される様になりました。

 

  • トップメニュ型
    メニュ
    コンテンツ





    最も目に付きやすい上部にメニュをおきます。さらに子メニュ、孫メニュがある場合は、メニュを2行、3行と増やしていく事で対応ができます。プログラムを使用したポップアップメニュも流行りましたが、意外にパソコン操作に慣れない人には不評です。プログラムの部分は、検索エンジが読めないため、不利になる場合がありましたが、いろいろな手法で対応もとれるようになりました。


  • サイドメニュ型



    コンテンツ





    左または右にメニュをおきます。階層になる場合は、Windowsのファイルブラウザなどで見られる畳み込み/展開で対応する事になります。プログラムを使用しないと、かなりの数のメニュを入れ替えて表示する事になります。このプログラムについても、検索エンジンにも対応できる手法が開発されてきています。基本的には、あまり複雑な階層は来訪者自体が敬遠するので再考が必要です。


  • 複合型
    メニュ



    コンテンツ





    サイドメニュの弱点を補うため、大項目はトップで、細目はサイドで表示する形式です。しかし、階層が2段まではこの表示法で対応できますが、それ以上では、サイド部分を上記サイドメニュと同じにする必要がでてきます。問題も引き継いでしまいます。
    構成はわかりやすいものにしておくことが肝要です。