TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

ウェブサイトの更新

ホームページは実際のお店と同じです。並んでいる商品がずっと同じでは、冷やかしのお客さんさえ、のぞいてくれなくなります。また、多くの情報が掲載されていることはよいサイトの第一条件です。徐々にページ数を増やしていくことをお勧めします。

 

公開後の更新

  • (定期・不定期)更新
    企画段階で盛り込んだ定期更新や、新商品や新聞発表などに合わせた更新。
    企画時の構成表に基づき、所定の場所にページを新設する事になります。デザインのひな型も決まっているので、費用,納期とも小さくてすみます。新製品などがない場合でも、製品やそれに関係する情報を幅広く提供することで、来訪者の範囲を広げることができます。
    ある程度のページ数がないと検索エンジンで上位に表示される事は、難しいものです。しかし、開設初期から十分な内容を用意する事ができない場合、定期的な更新で、コンテンツの充実を計画する事は重要です。

  • リニューアル
    全面改装なので、企画から練り直す事になります。
    中には、内容はそのままで、デザインだけを変える事もありますが、注意深く制作しなければ、せっかく築いた検索エンジンでの地位を失うことになります。検索エンジン対策の観点からは、デザイン変更は何の効果もありません。また、検索エンジンにせっかく掲載されているページを削除してしまっては、元も子もありません。もちろん、見た目で人間はサイトの善し悪しを判断してしまいますので、ある程度のデザイン性がない場合は、変更も必要です。現在の資産を生かし、より、効果のあるホームページに変えていく企画が大切です。
    最初は会社案内的役割であったホームページを、受注活動に結びつけるなど方針の転換があった場合は、リニューアルは当然でしょう。