TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

どのようにコンテンツ強化をおこなうのか

究極の検索エンジン対策であるホームページの内容充実はどうしたら行えるのでしょう。

それは、意外に簡単な、情報の掲載です。

 

驚くことに企業のホームページで不足しているは、閲覧者の欲しがる情報です。

 

下記は良くある、ホームページに掲載を依頼される情報です。

  • 製品仕様 = 数値や単位がほとんど
  • 製品写真 = それが何か知らない人には全く無意味
  • 特徴 = 「それで?何か?」
  • 専門家に向けた情報

これらの情報掲載が、なぜ、いけないのでしょう?

これでは、多くの人を検索エンジンから呼び込めない!

と言うことです。

製品仕様は数値や単位を表にしたものです。100mのホースが欲しい人も、検索するときは、「ホース」で検索し、「100」や「m」では、検索できないことを経験的に知っています。

製品写真も大事ですが、その製品を知らない人に写真で検索してもらえることはまず無いでしょう。ちなみに、画像検索の大半はその画像に付けられた説明文をもとに検索しています。

製品の特徴を掲載しないホームページは無いでしょうが、製品自体を知らない人に、特徴を売り込むのは本末転倒です。サイト運営側は、ホームページ全体で製品を説明しいるつもりでも、来訪者は、たまたまたどり着いたページだけをみて、必要な情報か判断しています。

「専門家に向けた情報」は一見良さそうですが、あまり対象を限定すると、当然、多くの人には見てもらえません。その結果、検索エンジンの上位に表示されず、結局、専門家にも見てもらえない状況に陥ります。

 

こうして考えると、ホームページのコンテンツ強化は、一般の人が分かるレベルの情報を用意することになります。具体的には、

  1. 貴社製品サービスが何をどうするものかという説明(一般名詞や口語で使う言葉で表せるならそれを使うのが一番です。言葉がおもいつかなければ、ライバル企業のページをAdwordsのキーワードツールなどにかけてみるのも参考になるでしょう。例えば、今ではでれでも知っている宅配便。この語がなければ、的確に説明するにはかなりの文章が必要です。)
  2. 使用している技術原理材料の説明(新聞を考えてみてください。必ず、一般的でない語句には説明が付いています。これらを説明することで、製品やサービスの優位性も示すことにつながるでしょう。)
  3. 専門用語業界用語の説明(「販売対象がその製品を使っている人だから説明不要」と掲載却下されることが多いですが、検索上位にはWikipwdiaや用語説明のサイトが必ず居ます。先にやられたら、勝ち目はありません。)

いかがでしょう?載せる記事が無いとお考えの方は、再度、検討してみてはいかがでしょう。