TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

再来訪者を増やす方法とは

いつも、同じものしか置かないお店より、いつも新しいものがある、あるいは、そう 期待させる店の方が再来訪率は高くなります。

ホームページに置き換え変えると、

更新頻度を上げる

つまり、頻繁に更新することが必要です。

内容の更新が頻繁に、できれば定期的に、あれば、今回望みの内容がなくても、来訪者は、次回の更新に期待して、また訪れてくれる可能性が高くなります。一方、数ヶ月間内容が変わった痕跡がなく、今も欲しい内容が無いサイトであれば、もう来る必要は無いと思われてしまいます。検索エンジンもサイトの更新頻度を確認して、データの読み込み時期を調整しているので、更新しないホームページには寄りつかなくなってしまいます。検索エンジンの登録情報が古ければ、さらに、来訪者が遠のきます。コンテンツの充実の際も、一度に大規模に行う必要はありません。少しずつ拡充しても問題なく、逆によい効果を与える可能性が高くなります。ブログなどがその代表例です。


頻繁に更新があることを示すために、下記のことが行われます。

  • 更新履歴、新着情報の表示
     →あまり、更新しないときは逆効果になる
     →トップページからデータを読み込むことの多い検索エンジンに、新しく更新したページを知らせやすい
  • 内容自体を動的なものにする
     →利用者からの質問に答える
     →利用者の声を掲載する
     →オークションなどを含む、売り手買い手のマッチング(求人求職、請負仕事)
     →人気商品のランキング、アンケートなど統計の表示
     →ブログの掲載。

長い間、繰り返し来てもらう為には、相当の努力が必要です。

ブログは、ワープロ感覚でホームページが作成できるシステムです。しかし、日記のように、徒然なるままに更新するより、テーマを絞り、それに沿った記事を掲載した方が良いのは自明です。また、別のURLで同じ内容を出力してしまう場合もあり、サイトにブログシステムを設置する場合は、注意が必要です。