TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

装置製造や技術系企業のホームページ

自社のホームページがどのようになっているか、なかなか判断がつかない。

もちろん、弊社に相談いただければ、詳細に調査ができるが、自分でやりたいという方には、いろいろ、無償のサービスが提供されている。

無償であるからには、説明などもほとんどなかったり、英語の説明が出たりするが、検索エンジンなどを駆使すれば、使える。

GoogleのAdwords広告に興味をもたれている企業の方は多いのではないでしょうか?

しかし、広告代理店などに依頼すると、かなり、いい金額の投資が必要になります。しかし、そもそも、自分で広告をだせるのが、検索エンジン広告の強みでしょう。ぜひ、ご自分で試されることをお勧めします。弊社の代行業務がいかに、リーズナブルかも分かっていただけると思います。

 

さて、試しに使うのだから、できるだけ少ない費用でと思うのは道理です。

Adwordsでは5000円分の広告が行えるクーポン券を配布しています。これを利用すれば、あとはあなたの人件費だけで、インターネット広告が出向できます。

検索エンジンの検索結果の脇やブログなどの記事の横に表示されるスポンサー広告。産業用機器や研究用の装置でももちろん効果を発揮します。

 

自前の独自のコンテンツなど無理とあきらめ、作成しないサイトが多いです。しかし、独自のコンテンツ作成こそ究極のSEO、検索エンジン最適化です。来訪者に有意義な情報を提供することが検索エンジンで上位に表示される近道です。

 

独自コンテンツの意味

サイトの設置目的を「製品の価格や仕様だけを掲載」とするお客様が多いものです。しかし、仕様や価格を見せる前に、まず、潜在顧客となる閲覧者にサイトまでやって来てもらう必要があります。現状、ほとんどの来訪者は、まず、検索エンジンを使って候補製品を検索します。強いたがって、検索結果の上位に表示されないと、見てもらえる可能性はかなり低くなります。検索結果の上位に表示されるために、テクニックを駆使しがちですが、グーグルのホームページにはサイト作成の指針として「情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述」があげられています。仕様や価格だけでは、分かりやすい便利なサイトとは成り得ません。製品の説明など内容を追加することで、来訪者も検索エンジンも認める良いサイトとなり、検索結果の上位で表示されるようになります。

 

キーワードとは貴社のページを検索エンジンで探すときに使用される単語です。

例えば、貴社名で探せば、貴社のホームページは検索結果に現れるはずです。これがキーワードです。

しかし、貴社名を知っているなら、もう、その人は貴社の事を知っています。また、社名だけでは、売上になかなか結びつきません。このキーワードはそれほど重要でないことになります。貴社の取扱商品名も同様です。沢山の潜在顧客を誘引するキーワードは、通常、固有名詞でないものを選ぶことになります。製品名は商品名より有効です。

装置や技術系企業では特殊な製品や技術を使用していることが多く、よい、キーワードとなることでしょう。

 

ページには論理構造が必要です。

 

パソコンの文書を一つのフォルダに全て保存したり、デスクトップ上に保存されている方を見かけることがあります。これでは、どの書類がどこにあるのかわかりません。せめて、日付やプロジェクト、仕事の内容や顧客名のフォルダーで分けておけば探しやすくなります。

利用者がどんなブラウザを使用しているか、ホームページの企画段階で、問題になることが多い。

これは、使用するブラウザによって、見え方が異なったり、機能が使用できなかったりするためである。制作側にとっては、正式サポートするブラウザが増えるほど、制作・テストに手間がかかり、コストは上がる。

2000年以降近年までは、特にマイクロソフトのインターネットエクスプローラ(IE)が独壇場であったが、最近では、Firefox、Safari、Chromeなど種類も増え、IEだけを考えればよいと言う状況では無くなっている。

各ブラウザには、バージョン、OSの違いも存在するため、全ての組み合わせを考えると4〜50にも達する。1頁のホームページにそれだけの手間は、大企業でもない限り、かけられない。

そこで、現在、一番多く自社サイトで利用されているブラウザを、メインにテストを考えることになる。実際は、一つに固定できるものではなく、時間の経過と共に、利用者も変わり、その利用PCも変わっていくので、定期的な確認が必要である。

オリジナルコンテンツの効果

自前の独自のコンテンツこそが、装置や技術系企業のホームページにとって、究極のSEO、検索エンジン最適化になります。

オリジナルコンテンツの効果

製造装置や研究設備の場合、一般消費財と違い、そう毎日、新製品やニュースがあるわけもありません。製品によっては、その性質上、1年以上新製品がないこともあるでしょう。頻繁な更新で来訪者を引き込むという運営方針は、中小企業には当てはまりません。

しかし、その製品にはいろいろな技術が結集され、1ページのホームページでは表せないはずです。それが、来訪者を引きつけるのです。

結論は、「長い目で見れば、やらない方がよい」である。

 

テキストリンク広告については、弊社ブログ「テキストリンク広告」でも説明したが、お金をはらって自社の被リンクを増やし、検索エンジンでの結果表示を上位に押し上げようとする手法だ。

リンクされているホームページはリンクしているホームページから良いと認められていると検索エンジンは判断するので、被リンク数が多いホームページ程、検索エンジンに高く評価され、検索結果で他より、上位に表示されるのである。

しかし、現在では、リンクしているホームページ側の評価も考慮される。つまり、リンクしているホームページの評価が限りなく0なら、いくら多くのそのようなサイトからリンクを受けても、自分のサイトの評価は上がらないと言うことになる。