TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

テキストリンク広告はやるべきか?

結論は、「長い目で見れば、やらない方がよい」である。

 

テキストリンク広告については、弊社ブログ「テキストリンク広告」でも説明したが、お金をはらって自社の被リンクを増やし、検索エンジンでの結果表示を上位に押し上げようとする手法だ。

リンクされているホームページはリンクしているホームページから良いと認められていると検索エンジンは判断するので、被リンク数が多いホームページ程、検索エンジンに高く評価され、検索結果で他より、上位に表示されるのである。

しかし、現在では、リンクしているホームページ側の評価も考慮される。つまり、リンクしているホームページの評価が限りなく0なら、いくら多くのそのようなサイトからリンクを受けても、自分のサイトの評価は上がらないと言うことになる。

一方、グーグルやヤフーが行っているスポンサー広告やPPC広告もテキストリンク広告と言えないのだろうか?

この疑問に対して、グーグルは「PageRankに影響するようなリンクの売買はガイドラインに違反する」(原文:Paid links)としている。PageRankはリンクでサイトの評価を決めるグーグルの手法だ。つまり、検索結果の順位を変動させる為にリンクを売買することは、グーグルにペナルティを受ける可能性があるが、広告としてのリンクはかまわないとしている。試しにグーグルAdwordsにPPC広告をだしてみても、検索結果が変動することはない。

 

いつ検索エンジンからペナルティをうけるか分からないような手法をとっても、結局、内容がなければ、ホームページでの集客ははかれない。検索エンジンの結果表示で順位をあげるなら、このようなリンクの売買で解決するより、コンテンツの充実を計った方が確実で、長続きする。長期的に見ると最も経済的となる。