TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

クラウド利用はメールから

最近、クラウドの利用をよく聞きますが、中小企業では、何をしたらよいか、迷っている方も多いと思います。

ずばり、そろれなら、不要です。必要と思ったときで、十分間に合います。

 

 

現在、すぐ利用できる、最も役に立つとおもわれる、クラウドサービスはGmailでしょう。Gmailはただのメールと考えておられる方もいらっしゃると思いますが、多分、世界で最初にクラウド化された本格的サービスの一つでしょう。

Gmailを会社のメールでは使いたくないという方の理由とその反論を列挙してみます。

 

1.内容をGoogleに読まれる

>> 内容をチェックするのはGoogleのコンピュータで、人間はだれも見ていません。内容をチェックするのは、該当する広告を表示するためで、完全に自動です。もちろん、小額の費用を支払えば、それを止めることもできます。また、そもそも暗号化されていないメールはインターネーットの中を、葉書のように行き交っています。知識のある、悪意のある人には、読まれる可能性があります。

 

2.会社のメールサーバーの方が安全だ

>> Gmailはクラウド化されていて、あなたのメールがどこに保存されているか、外部から特定する事は、ほぼ、できません。一方、貴社のメールは全て一つのサーバーにあります。そのサーバー、または、それに関連する回線がやられれば、メールを使う事ができなくなります。攻撃をうけたり、災害にあえば、メール自体が使えなくなります。クラウド化しているGmailが止まるときは、インターネット全体もダウンしている状態でしょう。

 

3.会社のメールをGmailとしては使えない

>> Gmailは貴社のメールサーバーに取って代わることができます。貴社でドメインを取得していれば、そのドメインで運営が可能です。最近、ホスティングサーバーは安くなってきたとはいえ、一人に10Gも割り当てると、月数千円は必要になりますが、Gmailならもっと安価で済ませることができます。

 

Gmailに変えてしまえば、もう、容量を気にする事がありません。メールを削除して整理する時間が不要になります。また、パソコン上でうっかり削除してしまっても、Gmail上にあるメールを取り出すこともできます。

Gmailの迷惑メールフィルター(自動迷惑メール仕分け機能)は優秀で、迷惑メールも激減するでしょう。

 

ぜひ、検討してみてください。これで、貴社もクラウド利用と自慢できます。