TEL 03-5454-3346 東京都渋谷区笹塚1-25-5-602

ITサポート

最近のパソコンはどれも性能価格比が変わりません。 では、どこのパソコンを選んだらよいのでしょうか?

 

パソコン選定時の考慮点

  • 使用業務は?ワープロ、表計算?
  • デスクトップかノート型か?
  • ノート型で出張に携行するのか?
  • 周辺機器の接続やネットワークの設定が自分でできるか?
  • 会社で機種をそろえる必要があるか?

価格が安いということは、それなりの訳があります。それを納得して使えなければ、大きな誤算になります。一般に家庭向けのパソコンは余分なソフトやテレビチューナーなど会社で使用するには不要な機能が多く、業務で使用するには向きません。量販店で入手するのも一手ですがBTOをうまく使えば納得のいくシステムが入手できます。 人気機種と評判は必ずしも一致しません。最新機種や新興メーカーの製品には充分注意しましょう。業務で使用する備品です。壊れにくく、サービス体制もしっかりしているPCを選びましょう。

 

パソコンサポート

パソコンの導入後の周辺機器やソフトウェアの設定、相談もノーブが対応いたします。 社内システムを構築した経験をいかし、各種のご相談に応じております。 サポートの例

  • インターネット設定
  • 電子メール設定
  • ソフトウェア導入
  • ハードウェア接続
  • LAN設定
  • 日本語PCに英語OSを導入

以前は、社内にWindows系のウェブサーバーを構築して、サービスを提供することも選択肢としてあったかとおもいます。しかし、セキュリティ、24時間365日の運営などを考えれば、かえって費用がかかってしまいます。たった1台のサーバーに、4人以上の人員を配置しなければなりません。 また、無料のOS、Linuxだからといってすべてが安くなるはありません。サーバーである以上、回線の費用や、電源、室温管理など運営費用もよく考えてご検討下さい。 小さな会社ほど社内にサーバーを設置する選択肢はありえません。

最近、サーバーのデータ喪失事故が続いています。これは、サイバー攻撃などが頻発していることと関連しているように思われますが、ただ、傍観していては、会社存続の危機に陥る可能性もあります。

では、データの場所、種類によって、バックアップ対応について、まとめてみましょう。

 

WindowsXPのサポートが2014年4月に終了します。

「OSが古くなっても使えるから大丈夫」なんて思っていては、手遅れになるかもしれません。

マイクロソフトが面倒をみなくなるのと同時に各社のウィルス検知プログラムなども対応をやめてしまうでしょう。つまり、WindowsXPは無防備なパソコンになります。「うちは大丈夫」などと根拠のない自信はネット上全ての人に迷惑をかけることになります。ネットに接続されている1台でもウィルスに感染すれば、事実上、全ネットのPCが危険にさらされます。企業としては、無車検の自動車を使用するのと同じで、許される事ではありません。

さて、パソコン交換すれば済むと、考えている方も、そうは簡単に行きません。定期的なパソコンの買い替えがおこなわれていれば、良いのですが、周辺機器やWordやエクセルなどが使用できなくなくなる可能性もあります。また、周辺機器も使えなくなる可能性があります。さらに、今までの膨大なファイルのコピーもあります。

チェック項目

  • アプリケーションのバージョンバップは可能か?買い替えか?
  • 周辺機器のドライバーは存在するのか?買い替えか?
  • 不要ファイルのバックアップ